Arlo Essentialワイヤレスビデオドアベル

頭から足元まで人物全体を表示できる、簡易なワイヤフリーのバッテリー式ビデオドアベルを利用して、出入り口を見守ることができます。自宅や会社のアクセスポイントに簡単にセットアップできます。配線は不要です。

色を選択
商品番号 AVD2001B-100APS
  • HDR対応HDビデオ
  • 180°の広い視野角
  • Wi-Fiに直接接続
  • アスペクト比1:1の映像で優れたビデオカバレッジを実現
  • Arlo Secureの3か月トライアルが含まれています

玄関に常時オンのセキュリティ機能が備えられていることで安心できます。

どこからでも自宅に接続し、ライブビデオと音声で確認できます。
動きを検知すると、すぐにスマートフォンにアラートが届きます。
玄関の様子をより広い視野で確認できます。
充電式バッテリーで電力を供給するか、既存の配線に接続します。
Amazon AlexaおよびGoogleアシスタントと連携できます。
CES 2021 Innovation Award Honoree Best of the Smart Home Award Red Dot Award 2021
Arlo Essentialワイヤレスビデオドアベル

迅速な対応を可能にするツールを使用して、常に注意を払い、素早く対応できます。

動作を検知するArlo Secureアプリ動作検知アラートを表示しているスマートフォン
アクティビティゾーンをハイライトするArlo Secureアプリを表示しているスマートフォン

迅速な対応を可能にするツールを使用して、常に注意を払い、素早く対応できます。

全体を捉えることでさらなる安心感。

180°の広い視野角、1:1のアスペクト比、HDRビデオ品質により、頭からつま先まで訪問者の全身をはっきり見ることも、地面に置かれた荷物を見ることもできます。
日中動いている対象物を映している2K HDRビデオを表示しているスマートフォン
ドアにあるArloビデオドアベルワイヤフリー
fullWidthTextBubblesImagesAlts[textbubble_status] fullWidthTextBubblesImagesAlts[textbubble_status]

訪問者が来たときに、見たり、話したり、聞いたりすることが可能。

ドアベルが押されるとビデオ通話が可能になるため、訪問者を必ず確認できます。また、応対ができない場合には、訪問者はボイスメッセージを残すことができるため、都合の良いときに遠隔で確認することができます。

侵入者を迅速に阻止。

内蔵のスマート警報を自動、またはArlo Secureアプリから手動で鳴らすことができます。

警報音が鳴っているArloビデオドアベルワイヤフリーのアニメーション
雨の中、屋外にある水滴の付いたArloビデオドアベルワイヤフリー

どのような天候でも、信頼性の高いセキュリティを提供。

暑さ、寒さ、雨、直射日光に対応しております。

Arlo Essentialワイヤレスビデオドアベル 細部

最大ビデオ解像度

解像度1536 x 1536

ビデオモード

1536 x 1536、1080 x 1080、720 x 720、比率1:1

すべてのビデオ機能

HDR、SIPによるビデオ通話 (ドアベルが押された時)

最大レンズ視野

対角180°

スポットライト

いいえ

動作検知

シングルモーション検知器、水平方向に110度

夜間撮影機能

IRカットフィルター付き高出力赤外線LED (850 nm) による夜間撮影機能

屋内/屋外

屋外での紫外線耐性および耐候性あり

デジタルズーム

12倍

マイク

シングルマイクアレイ

音声

全二重双方向音声、SIPによる音声/ビデオ通話 (ドアベルが押された時)、クイック応答メッセージ

動作温度

-20~45℃

寸法

1.85 x 5.63 x 1.45インチ (47 mm x 143 mm x 37 mm)

重量

バッテリー搭載時249 g、バッテリー非搭載時113 g

設置要件

高速インターネット接続

配線要件

継続的にバッテリー充電を行う場合は、8V AC ~ 24V ACの電圧と、既存のドアベルおよびチャイムの電気配線が必要です。

充電式バッテリー

壁掛け用ネジキット

クイックスタートガイド

延長ワイヤ

角度付き取り付けプレート

セキュリティラッチ用リリースピン

フラットな取り付け用プレート

Arloビデオドアベルワイヤフリー

バッテリー充電ケーブル

1クラウドストレージやアクティビティゾーンなどのArlo Secureの機能を引き続きご利用いただくには、Arlo Secureサブスクリプションを更新していただく必要があります。